スポンサーリンク


オーラの色の意味


1.オーラの色の意味

①オーラの色の意味含め、オーラの全てがわかる本「一生使える! オーラの本」書評/感想/レビュー
■オーラの色の意味や、オーラ全般について、わかりやすく図解入りで読め知れる本「一生使える! オーラの本」の書評/感想/レビューです。



この本は、自分や、気になるあの人のオーラは何色?といった疑問も含め、オーラの色の意味から、自分のオーラの磨き方、人間関係をよくする方法までを解説している、オーラ全般の本です。
オーラについて知りたい人のための、オーラ入門本とも言えるのかもしれません。

オーラの色や形について、カラーのイラストつきで説明して下さっているため、とてもわかりやすく、赤/水色/ピンク/黒/緑/オレンジ/紫/黄色/白などのオーラカラーの意味や、そのオーラカラーの人の性格的特長、また「そのカラーの人がバランスを崩すと?」といったことまで、丁寧に解説されていました。

オーラチャートで、自分のオーラが何色なのか?を知れるのも、楽しかったですね。
なんでも、オーラには「現状のオーラ」と「魂のオーラ」の、2つのオーラがあるそうですね。

他にも、「喜んでいる人のオーラ」「怒っている人のオーラ」「八つ当たりのオーラ」「いじめのオーラ」「悲しんでいる人のオーラ」etcなど、様々なオーラに関するカラーのイラストつき解説や、オーラの見方や、オーラセンスを磨くワーク、オーラで人間関係・現状を改善する方法など、オーラに関する様々な情報がのってありました。


そういえば、本の中に書かれてありましたが、健康的に痩せるダイエットと信念(「食べること、やめました」―1日青汁1杯だけで元気に13年)の著者も、断食によってオーラが見え始めたそうですね。
断食・・食事も、気やオーラと、深い関係があるのでしょうか。



<他者のオーラを感じ取る>
→他者のオーラ(気)を感じ取るためには、自分が強い強い気(オーラ)を発して相手をやっつける!ような状態(陰陽で言えば陽の状態)でいるよりも、受身的な状態(陰陽で言えば陰の状態)でいるほうが、感じ取りやすいものなのかもしれません。

ほら、だって、いろいろと、受身的でいる方が、感じやすいでしょ? 笑

だからでしょうか。
陰陽で言えば、陽である男性の方が、自分が強い強い気(オーラ)を発して相手をやっつける!ような(気を用いた)武道に惹かれ・・→気とは?意味がわかる本(「気」の開発メソッド― 初級編 統一体・身体脳の開発)

陰陽で言えば、陰である女性の方が、オーラ視であったり、気による治癒(気功治療/気功治癒)などに、惹かれるものなのかもしれません→気孔治療おすすめの本(「気」を自在に使いこなす)



本の中では、人のオーラを見る/観るためのワークも書かれてありました。
ふむふむ。なるほどー。自分の手からもオーラ(気)が出ていて、白~薄黄色の光が見えたりもするのか・・・さっそく、ワークを実践してみました。

一応、私、自称ではありますが仙人やってますし、「オーラ視」なんかは、センスがあったりもするのではないか?とも思っていて・・


「もしかして、もうオーラが見えるかも!?」
そう思い、バタバタと鏡を見に行ってみると・・


見えませんでした。

うーん。
私は、ムフフな本の、女性の顔にかかっているモザイクなら透視することができるのですが・・オーラ視には向いていないのでしょうか。



★こんな場合におすすめ★
①自分や、気になる‘あの人’のオーラの色を知りたい!
②オーラの色の意味や、その色の性格的特長などを知りたい!
③人のオーラが見えるようになりたい!オーラ視の訓練/修行を行ってみたい!
④オーラについて興味がある。オーラについて学んでみたい!
⑤実は、人からオーラのようなものが見える時がある。これってなんなの?と密かに思っている


~オーラの色の意味含め、オーラの全てがわかる本「一生使える! オーラの本」書評/感想/レビュー~
★貴方のオーラカラーは何色?赤/水色/ピンク/黒/緑/オレンジ/紫/黄色/白★
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】
【稼げるネット副業】高時給ランキング「トップ3」僕が解説します

【人気】初めての転職/就職活動【成功する始め方】やり方がわからない人へ



        





★この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます★
賢者とは?意味/賢者の本(あるヨギの自叙伝)
人生を変える本(7つの習慣―成功には原則があった! )
顔の開運方法(ツキを呼ぶ顔 逃がす顔 )
顔が良い人の顔(運の善し悪しは「顔」で決まる!―中国相法)
手相占い/手相診断の本(日本で一番わかりやすい手相の本―あなたと「あの人」の運勢が見える)
占い師になるには?占い師入門の本(占い師入門)
人間関係お勧め本(ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇)