健康的に痩せるダイエットと信念


1.健康的に痩せるダイエットと信念

①ダイエットと信念の関係を考えさせられた本「食べること、やめました」書評/感想/レビュー
■健康的に痩せるダイエットと信念の関係性について、考えさせられた本「「食べること、やめました」―1日青汁1杯だけで元気に13年」の感想/レビューです。



この本は、本格的な断食・生菜食療法を実施してからすでに24年、1日青汁1杯のみの生活になってからは丸13年を超えている著者が書かれた本となります。


「現代栄養学的には説明がつきません」
著者は、1日青汁1杯のみの生活になってからは丸13年を超えているそうです。
1日青汁1杯のみの生活であるため、1日の摂取カロリーは60キロカロリーだそうです。

専門機関で調べてみると、長年の断食・生菜食療法により、体内のシステムが、いろいろと変わっているそうです。
総合的な検査結果としては「現代栄養学的には説明がつきません」だそうです。


私達は、現代医学を「完全なる完璧なもの(人間の体については全てわかりきっている)」と、心のどこかで思い込んでいて。
その現代医学をもとに、「私の基礎代謝量は○○カロリーで、運動量はこれくらいだから、1日の摂取カロリーを△△にすれば、痩せるハズだから・・」などと考え、健康的に痩せるためのダイエットを頑張ったりしていて・・

しかし、もしかすると。
現代医学は、人間の体の神秘について、なにかも完全にわかりきっているものではなく、まだ、発展段階のものでも、あるのかもしれません。

現代の医学や科学は、目の前に広がる痛いほどリアルな現実の世界に現われている事象や現象(人間の体含む)を分析・研究していくことで発展してきたそうです。

では、目の前に広がる痛いほどリアルな現実の世界自体を、作り出している{力/源}は?
それを何千年も科学してきたものが、インドではヨーガであり、中国では仙道なのかもしれません。

もしかしたら。
目の前に広がる痛いほどリアルな現実(人間の体含む)を作り出している{力/源}は、私達の心{意識/信念/観念}なのかもしれません。
目の前に広がる痛いほどリアルな現実の世界自体を、作り出している{力/源}を、何千年も科学し続けてきたヨーガや仙道では、{力/源}は、私達の心{意識/信念/観念}である・・と結論しているようです。

であるならば。
ダイエットにおいても、物理的なカロリーコントロールだけではなく、私達の心{意識/信念/観念}も、重要な鍵を握るものなのかもしれません。
すなわち、健康的に痩せるために役立つ{意識/信念/観念}をもっている方が、そうでないよりかは、ダイエットも上手くいきやすいものなのかもしれません。


「そもそも、私達人間とは?」
「現代医学とは?」
「ダイエットとは?そもそもカロリーとは?」
そういった、根本的な部分から改めて考えさせられる機会を与えてくれる、素晴らしき本を出版して下さったことに感謝しています。


~ダイエットと信念の関係を考えさせられた本「食べること、やめました」」書評/感想/レビュー~
<writer 名無き仙人>

        








★この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます★

賢者とは?意味/賢者の本(あるヨギの自叙伝)
人生を変える本(7つの習慣―成功には原則があった! )
人生観が変わる本/書籍(「ザ・マネーゲーム」から脱出する法)
人相占い/人相判断の本(日本で一番わかりやすい人相診断の本)
手相占い/手相診断の本(日本で一番わかりやすい手相の本―あなたと「あの人」の運勢が見える)


<関連~名無き仙人の運営サイト~>
疲れやすい原因(カロリーとエネルギーの違い)
信念/本当の意味と名言(信念のもつ影響力)