人間関係お勧め本/バランスの法則とは?


1.人間関係お勧め本

①人間関係お勧め本「ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇」の感想/レビュー
■他者との人間関係や、コミュニケーションに関して、おすすめの人気本、「ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇」を読んでみました。



この本は、「ユダヤ人大富豪の教え」ということで、お金に関する本かと思いきや、実は、主に人間関係に関して、深い理解を与えて下さる本であり、初めて読んだ時も涙が出てきて・・2回目に読んだ時すら、涙が溢れてしまったのでした。
自分の心の中で、主に人間関係に関する{浄化ーカタルシス}が起きたからでしょうか。


「あぁ、そうだったのか・・」
読んでいる最中も、読み終わった後も、自分の人生において、今まで経験してきた人間関係の悩みや問題に関して、その根底にあったもの【バランスの法則】・・がわかり、「あぁ、そうだったのか・・」と呟くことになったのでした。

人間関係においては、【バランスの法則】なるものが作用しているようで・・この人間関係の中で作用している【バランスの法則】を知ることにより、{人との接し方(人間関係)}はもちろん、{世の中の見え方}すらも、変わっていくことになるのかもしれません。

また、私達は、他者との人間関係の中で、自分自身を形成していく側面も多分にあるため、本を読むことで、「なぜ、自分は、今の自分(性格や傾向/長所や短所)となっているのか?」が、わかることにもなるのかもしれません。

つまり、他者との人間関係との理解が深まることによって、自分自身に関する理解も、深まるわけですね。そういった意味では、この本は【自分自身との人間関係】においても、役立つ本と言えるのかもしれません。

相対的世界で生きる意味とは?名言(「相対性の罠にハマる」から「相対性の世界で遊ぶ♪」へ)にもあるとおり。
私達は相対性の世界に生きていて、だからこそ相対性の罠にはまっているうちは、なかなか人間関係の中で作用している【バランスの法則】・・・ダンス・・・からは、自由になりにくかったりもするのかな~とも感じたりもしました。


さて、本の中では、人間関係だけではなく、お金や生き方など、人生を生きていくうえで、助け/ヒントとなりそうな話も多く出てきて、いろいろな意味で、勉強になる本!と言えそうです。

アマゾンレビューも高いようで、多くの方に、感動を与えているのでしょう。

素晴らしき本を出版して下さったこと、及び、素敵な本に出会わせて頂けたことに感謝しています。


★こんな人にお勧め★
①人間関係の中で作用している【バランスの法則】について知りたい人。
②「どうして自分は、今の自分(性格や傾向/長所や短所)となっているのか?」について知りたい人。
③アマゾンレビューを読んでみて、「あ、コレ!」と直感した人。


~人間関係お勧め本「ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇」の感想/レビュー~
<writer 名無き仙人>

        









★この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます★
賢者とは?意味/賢者の本(あるヨギの自叙伝)
人生を変える本(7つの習慣―成功には原則があった! )
コミュニケーション能力向上!お勧め本(人を動かす)
人生観が変わる本/書籍(「ザ・マネーゲーム」から脱出する法)
人相占い/人相判断の本(日本で一番わかりやすい人相診断の本)


<関連~名無き仙人の運営サイト~>
人間関係の心理(人間関係の力学/パワーバランス)