スポンサーリンク


お金の勉強/学習ゲームレビュー


1.お金の勉強/学習ゲームレビュー

①金持ち父さん貧乏父さんシリーズのお金/投資を勉強するボードゲーム「キャッシュフロー 101 」
■【お金/ビジネス/投資】に関して、多くを‘金持ち父さん貧乏父さんシリーズ’から学ばせて頂いているのですが・・

その過程で、【お金/ビジネス/投資】に関して学べる学習ボードゲーム「キャッシュフロー 101 」も購入し取り組んでいた時期がありました。
※もう売ってしまい手元にないのが残念ですが・・。


【お金/ビジネス/投資】に関して学べる学習ボードゲーム「キャッシュフロー 101 」は、書籍シリーズの中に説明があるように、ボードゲームではなく、お金に関する学習教材であるため、価格設定も高くなっているそうです。
そのため、ゲームとして購入すると「値段が高いうえに、おもしろくなかった!」となるかもしれません。

及び、ただのボードゲームではないため、お金/ビジネス/投資に興味がない場合は「よく、わからないうえに、おもしろくなかった!」となるかもしれません。

だからでしょうか。
アマゾンレビューも二極化しているようです。

つまり、「お金/ビジネス/投資」について興味と学ぶ意欲があり、‘学習教材’として購入するのであれば、購入後の満足度が高くなる・・ということのようです。


さて、個人的には購入当初、友人を招いて「キャッシュフロー 101 」に取り組んでみたのですが・・【お金/ビジネス/投資】に興味がない友人には、おもしろくなかったようで、、、その後は、1人で「キャッシュフロー 101 」を行う日々が続くことになりました。

「キャッシュフロー 101 」はボードゲームなのですが1人でも、取り組めるのですね。
1人で取り組むと、カードを引くペースが速くなり、ゲームの進行も早くなります。

個人的にはキャピタルゲイン(売買益)とキャッシュフロー(不労所得)の、時間軸を含めた効果、、、つまり「積み重ね」がもたらす効果について、体感的に学べた点が、印象に残っています。


このゲームは、書籍「金持ち父さん中貧乏父さん」の著者であり、グローバルの世界で活躍するプロの投資家/起業家でもあるロバート・キヨサキ氏の頭の中が具現化されたもの・・とも、言える側面があると思うのです。
彼には、どのように、お金・ビジネス・投資に関する世界が、見えているのか?
彼には、この世界が、どのように見えているのか?

ロバート・キヨサキ氏の脳内(世界観)が、ゲームに取り組むことで体感的に伝わってきて、理解できる・・そういった、恩恵もあるように思えます。

ネイルでも釣りでもゴルフでも、自己流で取り組むよりは、特に始めは、プロからレッスンを受けながら取り組んだほうが上達が早くなりそうです。
しかし【お金/ビジネス/投資】に関しては、プロからレッスンを受けながら学んでいく・・ということが、なかなか出来ずに独学になりがちなようです。

そして、個人的には【お金/ビジネス/投資】に関して独学をしていくうえでの指針/モデル/師匠が、ロバート・キヨサキ氏であったわけで、だからこそ、彼の脳内(世界観)を、より深く理解できることに繋がった「キャッシュフロー101」には、お世話になった、、とも思っています。
独学であるからこそ、師匠について学べることなら、なんでも学びたい!もっと情報が欲しい!、、、そういう気持ちで、購入したのを覚えています。


<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】
【稼げるネット副業】高時給ランキング「トップ3」僕が解説します

【人気】初めての転職/就職活動【成功する始め方】やり方がわからない人へ