中学英語のやり直し教材レビュー


1.中学英語のやり直し教材レビュー

①中学英語のやり直し教材「中学ニューコース中3英語」感想/レビュー
■社会人にとっては中学英語のやり直し教材にもなる「中学ニューコース中3英語」の感想/レビューです。



社会人からの英語を学びなおそうとした場合、「どこまで遡って復習をするか」が問題になりますよね。
個人的には、はじめ高校英語からやり直し始めたわけですが、「いや、違う。これは中学英語からやり直さなければ・・」と痛感させられ、それで買ってみたのが、この「中学ニューコース中3英語」になります。

教材/参考書のタイトルは{中3英語}となっていますが、最初に「1・2年の要点総復習」の章があるため、I am ~、I played~、Are you going to~?、I won`t~など、基礎中の基礎から学びなおすことができます。

本はフルカラーとなっていて、基本例文からなる見開きのページにて、丁寧に、尚且つ、簡潔に、中学英語を学びなおすことができました。
ある程度は省いてでも、簡潔にまとめてくれていないと、時間がない社会人には厳しいものがあり、その点、この教材/参考書は時間の足りない社会人にも合っているのかな、とも感じました。
※中学生を対象に作られた参考書であるため「30分で簡単復習」などではなく、簡潔にまとめられてはいるものの、きっちり学びなおす分量ではあるように思います。


「♪聞いて確認」ということで、付属のCDを用いて、リスニングもしながら学んでいくことも出来ますし、最後には、そのページで学んだことを試すチェック問題もあります。


しかし、中学3年生の英語・・といっても、難しいですね。
「名詞を修飾するing形」ということで、基本例文に The boy talking with Ann is Ken というものもありました。

「ぅ、うん?少年はアンと話して、ケン?意味がわからない!」投げ出してムフフなサイトに逃避しそうになりました。


世の中には、3ヶ国語も4ヶ国語も、なかには6ヶ国語もマスターしている人もいると聞きます。
言語を覚える能力にも、人によって差があるのでしょうか。
私は隠語なら、赤ちゃんなみに吸収していくのですが、外国語はどうも、覚えが悪いようで・・


~追伸~
→「簡潔にまとめられている」といえど、中3英語を網羅していて、ページ数も240ページあるため、個人の英語力や、「どう取り組むか?」にもよるのでしょうが、ぱらぱらぱら~と、すぐに終わらせることができる分量でもないように個人的には思いました。
そのような意味では「しっかり、中学英語からやり直したい。基礎からしっかり学びなおしたい。ある程度、時間はかけても良いから」という場合に、役立つ教材/参考書と言えるかもしれません。


★こんな場合にお勧め★
①中学生の英語から学びなおしたい
②I didn`t know what to say to her の意味がわからない
③英語を基礎中の基礎から学びなおしたい



※参考書によるとI didn`t know what to say to her の意味は「私は彼女に何と言えばよいかわかりませんでした」だそうです。

~中学英語のやり直し教材「中学ニューコース中3英語 」書評/感想/レビュー~
<writer 名無き仙人>

        








★この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます★

賢者とは?意味/賢者の本(あるヨギの自叙伝)
人生を変える本(7つの習慣―成功には原則があった! )
人生観が変わる本/書籍(「ザ・マネーゲーム」から脱出する法)
人相占い/人相判断の本(日本で一番わかりやすい人相診断の本)
手相占い/手相診断の本(日本で一番わかりやすい手相の本―あなたと「あの人」の運勢が見える)