スポンサーリンク


外国債券投資の本


1.外国債券投資の本

①「プロも驚きの安定・高利回り! 海外ETFとREITで始める インカムゲイン投資の教科書」書評/感想/レビュー
■値上がり益(キャピタルゲイン)を狙う短期的な投機ではなく、配当収入や金利収入を得ながら長期投資をするうえでお勧めとなる本「プロも驚きの安定・高利回り! 海外ETFとREITで始める インカムゲイン投資の教科書」を読んでみました。



この本は、以下の5章から成っています。
①世界経済の流れ
②債券
③為替
④リート
⑤海外証券口座


株の本で多いのは、短期間の間に売買差益を狙うコツが書かれている本となるようですが、この本は、不労所得(リートの配当金や債券の金利収入など)を得ながら長期投資を行ううえで大変役立つ本だと言えそうです。

(スイングトレードなど短期的な投資でもそうですが・・)長期投資をするうえでは、世界経済の仕組みを理解しておくことや、債券や為替についても理解しておくことが重要となりそうですよね。
金利が上がると債券価格が下がりますが、その理由や仕組みを理解したうえで経済や株式市場のニュースを見て、投資判断を行っている個人投資家は少ないのではないでしょうか。
ウォーレン・バフェットは「自分が理解できていないものに投資をするのはギャンブルだ」というような意味合いの発言をしているそうです。
金利が上がると債券価格が下がる理由や、仕組預金の内容など、世界経済の基本や金融商品の基本などを理解したうえで株や経済のニュースを見て、長期投資の判断を行うようにすると、パフォーマンスも上がることになりそうですね。

{金利が上がると債券価格が下がる}など経済の仕組みや、CDSなど金融商品の仕組みなどは、わかりにくい解説を読んでも?となりがちですが、この本は、とてもわかりやすく書かれており、この1冊を読み理解するだけで、より投資について自信がもてるようになりそうです。

「この価格で、この金融商品を買えば儲かる!」など、手っ取り早く儲かりそうなことを書いている・・というよりは、今後、ずっと使える不変的で基本的な事柄が書かれており、かと言って内容が浅いわけではなく、「豪ドル建て元本確保型ファンドは安全か」など踏み込んだ具体的な事柄まで書かれています。

読めば今すぐ利益に繋がる!とは保証できませんが、少なくとも、読むことで投資の失敗を減らすことには繋がりそうです。騙されがちな各種の金融商品の内容や仕組みを理解することが出来るようになるからです。

リートや外国債券へ長期投資を検討中の場合は、一読の価値あり!といえそうです。


~外国債券投資の本「プロも驚きの安定・高利回り! 海外ETFとREITで始める インカムゲイン投資の教科書」書評/感想/レビュー~
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】
【稼げるネット副業】高時給ランキング「トップ3」僕が解説します

【人気】初めての転職/就職活動【成功する始め方】やり方がわからない人へ



        





★この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます★
ベンジャミン・グレアム/賢明なる投資家のレビュー(新賢明なる投資家 上)
ウォーレン・バフェットの名言集本(史上最強の投資家バフェットの教訓)
株のお勧め入門本(伝説のファンドマネージャーが教える株の公式)
株の勉強/お勧め本(伝説のファンドマネージャーが実践する 株の絶対法則)
株の初心者お勧め本(株鬼流最強の株式道場)
賢者とは?意味/賢者の本(あるヨギの自叙伝)
人生を変える本(7つの習慣―成功には原則があった! )